Home > フジテレビ > 大塚範一アナ「めざまし」降板へ、後任に三宅正治アナ

大塚範一アナ「めざまし」降板へ、後任に三宅正治アナ

 フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」のメインキャスターを務めるフリーの大塚範一アナウンサー(63)が、3月末で降板すると28日、同局が発表しました。

生野陽子 大塚範一

 大塚アナは急性リンパ性白血病の治療のため、昨年11月から休養しています。現在、代行を務めている伊藤利尋アナ(39)も3月末で卒業。4月からスポーツ番組「すぽると」などの司会を務めた、同局の三宅正治アナウンサー(49)が後任を務めるそうです。

4月の番組リニューアルに伴って大塚アナ勇退

 大塚アナはNHKを退職した94年の番組開始時から18年間にわたり同番組に出演。4月の番組リニューアルに伴って降板が決まったという。

 大塚アナは「暖かくなる頃の復帰を目指して療養を続けてきましたが、今しばらく時間がかかることが明らかになり、この決定に至りました」とし、現状について「変わらぬ闘争心で闘病を続けております。近く回復の暁には『めざましテレビ』のスタジオにお邪魔して、ごあいさつをさせて頂くつもりです」とコメントしたそうです。

生野アナ、一緒に仕事ができた事が一生の宝物

生野陽子

 10年10月より大塚アナと共に同番組のキャスターを務める生野陽子アナウンサー(27)は「学生の時から『めざましテレビ』で育った私にとっては、大塚さんとお仕事ご一緒できた事、指導していただいた事、一生の宝物です。元気になり次第、番組でご報告して頂きたいです。そして今後も、三宅アナウンサーとともに元気にフレッシュにお伝えできるよう頑張ります」と話しているそうです。

三宅に任せてよかったと思われるよう頑張る

三宅正治

 後任の三宅正治アナは「三宅に任せてよかった。大塚さんにそう思ってもらえるよう精一杯頑張ります」とコメント。三宅アナは1962年11月15日生まれ、広島県広島市出身。早稲田大学卒業し、1985年にフジテレビ入社。01年よりスポーツ番組「すぽると」の初代キャスターを務めてきた。プロ野球、格闘技などのスポーツ実況を中心に、同局を代表するアナウンサーとして長年活躍し続けている。

大塚範一アナウンサー関連

フジテレビの関連記事

Headline

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://joshianastyle.blog17.fc2.com/tb.php/918-247a2e09
Listed below are links to weblogs that reference
大塚範一アナ「めざまし」降板へ、後任に三宅正治アナ from 女子アナStyle

Home > フジテレビ > 大塚範一アナ「めざまし」降板へ、後任に三宅正治アナ

Search
Sponsored Links
Advertisement
PR
Access Ranking
Blog Ranking
アナウンサー - 人気ブログランキング
女子アナ・アナウンサー - 芸能ブログ村
アナウンサー ランキング - FC2ブログランキング
Feeds
Meta
Links
Counter
Related Website
あわせて読みたい
Others
track feed
フィードメーター - 女子アナStyle

Return to page top

ACR WEB ACR WEB ACR WEB Related Posts with Thumbnails