米美人女性記者、ララ・ローガンさんエジプトで襲撃される

lara_logan

 国民の大統領退陣要求デモが続いたエジプトで、ムバラク大統領が辞任し30年の独裁に終止符が打たれました。

 そんな中、米CBSテレビの女性海外特派員ララ・ローガン(Lara Logan)記者が、ムバラク大統領の辞任当日にタハリール広場でデモ隊への直接取材中、群衆に襲撃され性的暴行を受けたことを明らかにしたようです。

 声明によると、ローガンさんは11日、スタッフとともに、市中心部のタハリール広場でムバラク大統領辞任のニュースを取材していた。興奮した約200人の群衆が取材班や同行の警備チームを取り囲んだ。ローガンさんは取材班とはぐれて殴られ、性的暴力を受けたが、女性グループや約20人のエジプト軍兵士に助けられた。取材班と合流してホテルへ戻り、12日に帰国して入院したという。

 ローガンさんは南アフリカ出身で2002年からCBSの番組で記者を務め、08年から外交問題担当の責任者。今月3日には、カイロで取材中に拘束された。 (2/16 cnn.co.jp


混乱するエジプトの状況を語るララ・ローガン記者
関連記事
Headline

0 Comments