Home > 女子アナ全般 > 地デジ推進!アナログには砂嵐、黒帯の“ネガティブキャンペーン”

地デジ推進!アナログには砂嵐、黒帯の“ネガティブキャンペーン”

 テレビの地上デジタル完全移行が来年7月に迫っている中、総務省などが今年7月から、デジタル化メリットのPRとあわせ、アナログ波のデメリットを実感させる“ネガティブキャンペーン”を本格化させるそうです。アナログでの視聴者に危機感を感じさせ、地デジ化を進める狙いだだそうだ。

 NHKと民放連が作った地デジPRのミニ番組「全国一斉地デジ化テスト」7月4日午後5時59分~6時の1分間に、全国のテレビ局で同時放送され、アナログの視聴者は、画面が「砂嵐」になり、翌5日からは、4対3のアナログテレビでは上下に黒帯が入り、画面がサイズダウンするようです。

 すでに地デジの普及率が8割を超えている現在、残りの2割には経済的な事情を抱えた世帯も相当数、含まれており、まだ買い替えの済んでいない世帯に劣等感を植え付けるだけという意見もあるようです。

上宮菜々子

 この番組は、アナログとデジタルで内容が違う。デジタルの視聴者には2台目以降のデジタル化を呼びかけるが、アナログの視聴者の場合、画面が「砂嵐」になる。地上デジタル放送推進大使の一人、上宮菜々子アナウンサー(テレビ朝日)は収録で、「自分のテレビがアナログだと気づいてほしい」と話す。

 翌5日からは、全国の放送局の全番組で、デジタル用の画面比率16対9をアナログでも採用。画面比4対3のアナログテレビでは、調整用として上下に「レターボックス」と呼ぶ黒帯を入れる。実質上のサイズダウンで、レターボックスには、デジタル化を促す字幕が流れる。

 こうしたアナログへの“ネガティブキャンペーン”ともいえる周知方式は、全国地上デジタル放送推進協議会がまとめた「アナログ放送終了計画」に乗っ取ったもの。これまでの普及策は、エコポイントや助成制度など「アメ」的なものが多かったが、残り1年を切ろうという時期もあり、「ムチ」との併用を打ち出したものといえる。

 総務省の調査では、デジタル対応受信機の世帯普及率は、3月時点で83・8%と目標(81・6%)を上回ったが、対応受信機を持ちながらデジタルを受信できない世帯も5%を超える。「南関東では、デジタルが視聴できる世帯はまだ5割くらい」とみる業界関係者もいる。

 同協議会は「アナログ終了までのステップの一環。レターボックスの字幕にはコールセンターへの連絡先を入れており、周知に有効」と取り組みの趣旨を説明する。(6/27 sankei.jp.msn


女子アナ全般の関連記事

Headline

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://joshianastyle.blog17.fc2.com/tb.php/368-2fa85d7c
Listed below are links to weblogs that reference
地デジ推進!アナログには砂嵐、黒帯の“ネガティブキャンペーン” from 女子アナStyle

Home > 女子アナ全般 > 地デジ推進!アナログには砂嵐、黒帯の“ネガティブキャンペーン”

Search
Sponsored Links
Advertisement
PR
Access Ranking
Blog Ranking
アナウンサー - 人気ブログランキング
女子アナ・アナウンサー - 芸能ブログ村
アナウンサー ランキング - FC2ブログランキング
Feeds
Meta
Links
Counter
Related Website
あわせて読みたい
Others
track feed
フィードメーター - 女子アナStyle

Return to page top

ACR WEB ACR WEB ACR WEB Related Posts with Thumbnails