W杯中継で謝罪、NHK神田愛花アナ「配慮に欠けた発言」

 NHKは17日のサッカーW杯の中継で、アナウンサーが「配慮に欠けた発言」をしたとして、18日のW杯ドイツ-セルビア戦の放送中に謝罪したようです。

 NHKの17日の韓国-アルゼンチン戦の放送中、神田愛花アナ(30)が19日に衛星第1で放送の日本-オランダ戦について、「BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」と発言。日本-オランダ戦は、地上波ではテレビ朝日系で生中継の為、これについて日本民間放送連盟から指摘、抗議を受けていたようです。

神田愛花

 神田アナは17日の放送中、19日の日本戦の中継を告知する際に、「(NHK)BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」と天真爛漫にアピールした。

 だが地上波でこの試合を中継するテレビ朝日にしてみれば、ちゃめっ気ですまされる話ではない。というのも、W杯の放映権は170億円と極めて高額なため、NHKと民放各局が共同で購入しているからだ。日本民間放送連盟の抗議を受けて18日、NHKはドイツ-セルビア戦の中継後、神田アナらが番組内で「配慮に欠けた」と謝罪した。

 気を利かしたはずのアドリブで、思わぬ渦中に巻き込まれた神田アナ。学習院大理学部数学科に在学中、ファッション誌の読者モデルを経験し、「準ミス学習院」にも輝いた。およそ三十路に見えない顔立ちと脚線美だが、入局8年目のベテランだ。(6/19 news.infoseek

関連記事
Headline

2 Comments

よる

悔しかったら、民法は放映時間中CMカットすればいいこと

  • 2010/06/20 (Sun) 22:03
  • REPLY

名無しさん@ニュース2ちゃん

CMより糞ジャニの方がいらん

  • 2010/06/21 (Mon) 02:16
  • REPLY