“秘密主義”の膳場貴子を使い続けるTBS

 TBSはなぜこだわっているのだろうか。2度目の離婚が発覚したキャスターの膳場貴子(33)に対してこんな声が上がっている。膳場は結婚と離婚を繰り返しているわけだが、いずれも“事後承諾”とあって、周囲はブーイングなのだ。

 今回の離婚は1年以上前のこと。膳場は05年10月に東大卒のソニー社員と再婚。06年3月いっぱいでNHKを退社し、ロンドンで結婚生活を送っていた。半年ほどで「NEWS23」(TBS)のキャスターに起用されることになって帰国し、その後も円満な夫婦生活を送っていると思われた。ところが、すれ違い生活が続いて07年暮れに破局を迎え、それが今になって発覚したのだ。

 膳場は“秘密主義”を徹底している。01年5月に結婚した最初の夫とは03年2月に離婚したが、発覚したのはその9カ月後の03年11月だった。今回離婚した相手との結婚も、4カ月以上経ってから明らかになった。自分からプライベートを公表する必要はないという意見もあるが……。

膳場貴子
「毎日のようにテレビに出て公共性のあるニュースを伝えているのだから、プライバシーを公表することにも意味がある。キャスターとして結婚や離婚の話題を取り上げる時もありますからね。それが、コソコソ自分の離婚を隠していたとなると“言っていることが信用できない”と感じる視聴者もいるでしょう」(放送評論家の松尾羊一氏)

 現在、膳場がキャスターを務める「23」は3月いっぱいで終了する。膳場は同時間帯で30分に短縮されるニュース番組を任される予定だが、「年間2500万円」といわれるギャラを払う価値があるのだろうか。

「膳場は原稿をうまく読むことができますが、ただそれだけ。事件や社会問題についてコメントをしても、視聴者の心に響くような意見が言えないし、キラリと光るような主張も感じられません。優等生的すぎて、何をやってもつまらないのです。30分のニュースなら、局アナで十分に務まりますよ」(前出の松尾氏)

 離婚を何度も隠す女性キャスターでは、主婦からの反発も必至だろう。膳場を起用し続けるTBSを理解できない。(1/26 ゲンダイネット)

 筑紫哲也さんの早すぎた死去と、それにともなって「NEWS23」が今年3月で終了というのは、膳場アナには想定外だったろうな。
関連記事
Headline

4 Comments

略して、名無しさん

いや、無いでしょ。正直たかがTVのアナウンサーのプライベートなんて犯罪以外興味ないわ。

  • 2009/01/26 (Mon) 14:28
  • REPLY

センバ

センバ

ホント離婚しようがなんだろうが、関係ないことですょ。
最もらしくマツオは公表すべきだなんていうが、こじつけにしか感じないな。 人それぞれ個性があるんだから 響かなくてもいいょ。
まぁつまらんという印象は印象だから仕方ないが 公表なんてのは余計なお世話だな

  • 2011/07/13 (Wed) 00:17
  • REPLY

白石精英(しらいしよしひで)

愛してます

貴子さん、至誠一貫で頑張って居ますか。何時もちょっと考えて正しいのだろうかと、そして行動しましょう。僕は貴女に手紙を差し上げましたが、貴女からは一通の返事も御座いません。如何か良く考えて行動して下さい。

名無しさん

美鈴さん札幌に行ってしまったよ、淋しいです

  • 2014/01/20 (Mon) 16:06
  • REPLY