雨宮塔子アナ離婚へ!パティシエの夫と12年でピリオド

 元TBSアナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして活動する雨宮塔子(43)が、パティシエの夫(46)と離婚に向けた話し合いをしていることが分かりました。

雨宮塔子

 2人は現在フランス・パリで暮らしているが、関係者によると、既に昨年夏から別居しているという。

多忙な夫とすれ違い、家族の時間つくれず

 雨宮は99年3月にTBSを退社し、美術史を学ぶために単身パリに渡った雨宮が02年6月に雑誌の取材で出会ったのがパリ市内に店を構えたばかりのパティシエの現在の夫だった。意気投合した2人はその年の10月26日にゴールイン。11歳の長女と9歳の長男、2人の子供にも恵まれて幸せな生活を送ってきた。

雨宮塔子

 5日付のスポーツニッポンが報じており、夫婦をよく知る関係者によれば、双方代理人を立てて離婚に向けた協議に入ったのは昨年の夏。間もなくパティシエの夫が家を出る形で別居生活に入り、基本的には合意に達しているという。どちらかの不倫などではなく、すれ違い生活で2人の間にできた溝が修復できないほど大きくなってしまったのが理由という。

 パリで結婚した雨宮とパティシエの夫は双方代理人を立て、煩雑なフランス式に従って離婚の手続きを進めている。2人の子供は雨宮が引き取るが、父親のパティシエの夫から親権が消えることもないという。

 雨宮は今年夏に最新刊「パリ、この愛しい人たち」の出版に合わせたプロモーションで日本を訪れたが、今後も生活の拠点はパリに置き、仕事がある時に帰国するスタイルを続けるようです。

 雨宮塔子(あめみや とうこ)1970年12月28日、東京都生まれ。成城大学卒業後の93年、TBSに入社。「どうぶつ奇想天外!」「チューボーですよ!」などで同局を代表する人気アナに。99年に退社し、パリに遊学。著書に「金曜日のパリ」「パリ、この愛しい人たち」など。

パリ、この愛しい人たち
パリ、この愛しい人たち

関連記事
Headline

0 Comments