三田友梨佳アナと西武・金子侑司が熱愛

 フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(27)とプロ野球西武の金子侑司内野手(24)が真剣交際していることが6日、分かりました。

三田友梨佳

 三田アナは「ミタパン」の愛称で親しまれ、12年4月から「めざましテレビ」で木・金曜スポーツキャスターを担当するなど、現在レギュラー番組5本を抱える。

一度は破局も先月復活

 7日付の日刊スポーツ、サンケイスポーツが報じており、関係者によると、2人は知人の紹介で知り合い、昨年秋ごろから交際に発展した。一度は破局を迎えたものの、先月、再び交際をスタートさせた。多くの人気番組を担当する三田アナと、若手有望選手として活躍する金子侑は、忙しい時間をやりくりし、愛を育んできたという。

金子侑司

 交際がスタートする前の昨年4月には、三田アナはオリックス戦前に、練習する金子侑を取材。バッティングフォームをチェックする金子侑を、笑顔で見つめる姿もみられた。

 今月5日のソフトバンク戦に、三田アナは西武ドームに観戦に訪れていた。この試合に金子侑は、1番二塁で先発出場し、1安打1打点の活躍を見せた。互いの仕事でも、刺激し合える関係として仲を深めている。

三田友梨佳

 三田アナは、人気番組に出演しているほか、12年8月にはCD「恋のミタパン」を発売するなど、フジテレビ看板アナの1人。明るく爽やかな印象だが、同局内では、しっかり者として信頼されている。

 青学大時代には硬式野球部のマネジャーを務め、球場の場内アナウンスを担当していた。大学の同級生だった広島の下水流昂(しもずる・こう)外野手(26)からは、「取材される立場になれればいい」などと取材を熱望されたこともあった。フジテレビの公式ホームページには、好きなスポーツを「野球」と記している。

 金子侑は、今季はここまで69試合に出場し、自慢の俊足を生かし、チームトップとなる17盗塁をマークしている。プロ1年目の昨季から2年連続で開幕スタメンに名を連ねる若手有望株で、今季もレギュラーとして活躍している。球界屈指といわれる身体能力を有し、甘いマスクに実力も兼ね備えた内野手で、女性ファンからの人気も高い。

 三田友梨佳(みた ゆりか)1987年5月23日、東京都生まれ。実家は日本橋の老舗料亭で、父は明治座社長。青学大国際政治経済学部卒。11年4月、フジテレビ入社。「めざましテレビ」のスポーツコーナーや「とんねるずのみなさんのおかげでした」などを担当。英検準1級、TOEIC850点。日本舞踊名取、漢検2級資格も持つ。血液型A。

 金子侑司(かねこ ゆうじ)1990年4月24日、京都府生まれ。立命館宇治高では高校通算20本塁打も甲子園出場なし。立命大では1年春からベンチ入りし、大学日本代表を経験。プロ1年目から2年連続で開幕スタメン。通算163試合、115安打、4本塁打、39打点、打率2割4分4厘、29盗塁。178センチ、70キロ。右投げ両打ち。今季推定年俸1800万円。

関連記事

関連記事
Headline

1 Comments

emi

最初は本当に受け取っていいのか戸惑っちゃって何度も確認しました。

絶対にお得な情報だと思うのでお伝えします。
母子家庭で1歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
そんなとき、すごい夢見たいな話がきたんです。
ものすごい金額を手に入れてしまったんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたい人だけ、連絡してください。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。