NHK内藤裕子アナ、交通事故に巻き込まれ右足骨折

 NHKの内藤裕子アナウンサー(36)が28日、横浜市青葉区の市道交差点で交通事故に巻き込まれ、右足を骨折する重傷を負ったことが分かりました。

内藤裕子

 内藤アナは現在、さいたま放送局に所属し「プレミアムアーカイブス」 のキャスターなどを務めています。

乗用車とバイクが衝突し、巻き添え

 28日午後8時半頃、横浜市青葉区の交差点で、右折しようとした乗用車が、前から走ってきたバイクと衝突した。そのはずみでバイクは飛ばされ、近くを歩いていた歩行者に突っ込んだ。この事故で、バイクを運転していた通信制の高校に通う19歳の男性が死亡。内藤アナが右足を骨折する重傷を負った。また、別の歩行者の女性(45)も腕に軽傷を負った。

内藤裕子

 警察は、乗用車を運転していた会社員の女性(24)を自動車運転過失傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べているという。 自分が気を付けていても、こういう貰い事故があるので本当にこわいですね。

関連記事
Headline

0 Comments