元日本テレ森麻季、巨人沢村と離婚していた

 元日本テレビアナウンサーの森麻季さん(32)と巨人の沢村拓一投手(25)が、離婚していたことが12日分かりました。

森麻季

 2人は2010年の5月に共通の知人の紹介で知り合い、翌11年10月に結婚を発表。同年12月に入籍し、都内のホテルで挙式していた。

先月末15か月でピリオド

 13日付のスポーツ報知が報じており、関係者によると、昨年末から話し合いを続け、3月末に離婚届を提出。離婚理由については明らかにされていないが、協議の末、円満に合意したという。

 森さんは9年勤めていた日テレを結婚後に退社。専業主婦になっていた。沢村の登板日には本拠地の東京ドームだけでなく、神宮球場でのヤクルト戦や、横浜でのDeNA戦、WBCの2次ラウンド・オランダ戦(東京D)で観戦に訪れる姿が目撃されていた。今後はアナウンサー業などで仕事へ復帰する予定という。

 2人は「話し合いを重ねた結果、別々の道を歩むこととなりましたが、今もお互いを尊敬する気持ちに変わりはありません。これからも、応援し合いながらそれぞれの新しい人生を形作っていきたいと思います」と連名でコメントを出した。

森麻季

 このニュースに対しネットでは、「昨年から協議してたのにWBCは観戦に来たのか」「結婚をなめんな」「澤村は学生の頃からカッとなりやすい性格、森は家庭に入るような性格ではないと、共に本人が語ってた」「『お前、スピード早いの離婚だけやないか~』の野次が飛ぶな」「子供がいないのは良かったな」「早あああああ、野球選手と結婚したアナウンサーはプライドのせいか離婚しないの多いのに珍しい」「大学出て1~2年で勢いで結婚しちゃったんだろなwでっ、プロ生活に慣れてくると周りには若い美人が沢山居る環境って事に気付いて後悔し始めたとw」「結婚して合う合わないが分かることもある。合わないと分かったら早めに離婚したほうがいい。お互いのためにもね」との反応。

関連記事

関連記事
Headline

0 Comments