高橋真麻アナがフジ退社「自分の可能性試したい」

 フジテレビの高橋真麻アナウンサー(31)が3月いっぱいで退社することが13日、分かりました。

高橋真麻

 高橋アナは俳優の高橋英樹(69)の長女で04年入社。バラエティ、報道と幅広く活躍し、現在は情報番組「知りたがり!」などを担当している。

アナウンサーの枠を超え仕事したい

 13日付の各スポーツ紙が報じており、高橋アナは13日、同局広報部を通してファクスで「アナウンサーという枠を超え、より幅広く仕事をしていきたいという思いが強くなりました。4月で入社10年目を迎えるこの節目に、自分の可能性を試してみたいと思い、退社を決意いたしました」と理由を説明。今後については「まだ決まっておりませんが、これまでの経験を生かし、さまざまな活動ができたらと思っております」としています。

高橋真麻

 高橋アナは11年に、IT企業に勤める男性(38)との交際が週刊誌で報じられ、「笑っていいとも!」内で交際宣言。現在も交際は続いているとみられるが、同局では「結婚退社ではありません」としています。

関連記事

関連記事
Headline

0 Comments