丸岡いずみ、うつ病初告白!有村昆と挙式

 昨年8月に結婚した元日本テレビ報道局キャスターの丸岡いずみ(41)と映画コメンテーターの有村昆(36)夫妻が19日、都内で挙式・披露宴を行った。

丸岡いずみ

 挙式後の会見で、丸岡さんは自らが重いうつ状態にあったことを告白。「やっと夫婦になれた」と支えてくれた有村氏の献身的な愛情に感謝し、涙を見せたという。

彼の家にはうつの本が、私に対する愛を感じました

 新郎新婦は披露宴前に会見。「1年経ったから申し上げられること」と切り出した有村氏。「昨年の1月ぐらいは彼女にとってどん底でした」と、2011年に発生した東日本大震災の取材の影響で、丸岡さんがうつ状態となったことを明かした。

丸岡いずみ

 19日付の各スポーツ紙が報じており、日本テレビのニュース番組でキャスターを務めていた丸岡さんはその後、同年8月に休養を発表。実家のある徳島県に戻ったが、翌月には担当していた番組を降板した。塞ぎこむ中、有村氏とは電話やメールで連絡を取り続けた。「僕にできることは何でもさせていただきたいと心に誓った」覚悟は本気だった。丸岡さんも「彼の家に行った時にうつの本がたくさん置いてあった。私に対する愛を感じました」と思い出し、思わず目頭を押さえた。「苦しい時に隣にいてもらいたい人と結婚したかった。彼がまさにそうだった」と話した。

 披露宴は有村氏が事前に宣言していた通りのシネ婚(シネマ結婚式)だったという。2人は2011年4月に知人の紹介で知り合い、12年4月から交際をスタート。同年8月に都内の区役所に婚姻届を提出した。丸岡さんは妊娠はしておらず、今後は専業主婦になるとされています。

関連記事

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣
医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣

関連記事
Headline

0 Comments