滝川クリステル、Tシャツ&デニム姿でギター披露

 フリーアナウンサーの滝川クリステル(34)が、ロックギタリストに変身する「コカ・コーラゼロ」の新CM「ロックンロール・ニュースキャスター」編が、25日からオンエアされます。

滝川クリステル

 CMでは日頃の清楚なイメージから想像できない、Tシャツにデニム姿というワイルドな姿で、エレキギターの演奏を披露している。

約1ヶ月にわたり自宅などで練習

 ギターアンプだけが置いてあるシンプルな部屋で、ロック調のTシャツにダメージデニム姿の滝川が、CMソングにもなっているロックの名曲「Born to be Wild」をギターでかき鳴らす。いつもと違う雰囲気の滝川はギターのヘッドを持ち上げ、ジャンプするなどロックを体現した。


滝川クリステル

 撮影では、最初は緊張した面持ちだったが、エレキギターを弾き始めると次第にテンションもあがり、腕を突き上げたり足でリズムを刻んだりと演奏もノリノリに。スタッフも自然と手拍子するなど、まるでライブ会場のように盛り上がり、「ロックって、観客がいたらたまらないでしょうね。ライブでたくさんの観客がいてギターソロなんて気持ちいいだろうな。本当にすごく楽しかったです」と、すっかりロックの虜になっていた。約1ヶ月にわたり自宅などで練習したというギター演奏にも注目だ。

滝川クリステルがロッククイーンに! 「勇気を出して」イメージ脱却

 このニュースに対しネットでは、「こういう格好似合うねぇ。普段よりいいよ 」「ちょっとだけジェフベックに見えた 」「素材が良いから何やらせても似あうな。こいつはトップクラスの美人だと思う。良い尻も持っていそうだし」「普通にカッコいいんじゃない?これから歳をとっていくのはどうしようもないけど、上品な女性でいてほしいわな」「こういうのフリーの女子アナがやると勘違いって叩くんだけど、様になってるから困るな」との反応。

【コカ・コーラ ゼロ】Rock 'n' Roll Newscaster篇 15秒

関連記事
Headline

0 Comments