小林麻耶、打ち切りショックだった。ブログで明かす

 フリーアナウンサーの小林麻耶(33)が自身のブログで、09年のTBS退社後にメインキャスターを務めた報道番組「総力報道!THE NEWS」がわずか1年で打ち切りになったことに触れ、ショックだったことを明かした。

小林麻耶

 番組が終了した直後のブログでは「この1年間、報道の最前線で、ニュースと触れることができ、毎日ニュースと真剣に向き合うことができ、アナウンサーとしても、人間としても、すばらしい経験をさせていただきました。」と綴っていた。

相当くよくよしていました

 小林は8日夜、ブログを更新。義弟の市川海老蔵の舞台を観劇したことを報告するとともに、ファンからの質問に受け答え。「くよくよすることがありますか?」という質問に、「くよくよ、私もすることありますよ!報道番組が1年で終わってしまったときは、相当、くよくよくよくよしていました。」とやっぱり打ち切りがショックだったことを明かした。


 「総力報道‐」は09年3月に小林をメーンキャスターに大抜擢し、鳴り物入りでスタートした夕方の帯番組。TBSのアナウンサーだった小林は、同番組のスタートを機に、フリーに転身したことも話題を呼んだ。


 17時台、18時台は“夕方のニュース戦争”ともいわれ、各局が視聴率をかけてしのぎを削る時間帯。TBSはあえてその枠を外し、17時50分から19時50分までの2時間のニュース番組を編成した。


 しかし視聴率は低迷。放送時間帯を18時40分~19時50分に短縮するなど数々のテコ入れを図ったが、視聴率は下降線をたどり、10年3月で打ち切りとなった。

小林麻耶、打ち切りショックだった

小林麻耶オフィシャルブログ「まや★日記」 小林麻耶オフィシャルブログ「まや★日記」

 このニュースに対しネットでは、「7時にニュースってもな…その時間にテレビニュース見る層はNHK好きだしな」「そりゃそうだ、あんな時間にNHKのニュースと対抗する局が悪い。誰を持ってきても失敗するだろう。」「NEWS23のメインキャスターを田中みな実にやらせるようなもんだ。成立すると思う方がおかしい」「真面目なネタをブリブリしながら報道されて不快だった。本人そのつもり無いんだろうけど。」「そりゃぁね。しばらくやるのかと思いきや1年で終わっちゃったもんね」「小林麻耶が原因というより番組自体がつまらなかったからだろ。気にする必要は全くない。」「この人割と好きだけど、でも報道には合ってない って自分で分からんかね。周りも止めなかったのかなぁ」との反応。

関連記事
Headline

0 Comments